被らないように注意

景品小さめ

新郎新婦から二次会参加者に対して記念品を用意している事が多いので、打ち合わせの段階で確認しておきます。
景品選びの際の参考にし、記念品とかぶるような事がないようにします。

新郎新婦が記念品を渡す段どりの確認、お手伝いができるようにしておきます。
記念品は二次会終了の退出時に渡される事が多いので誘導できるといいでしょう。

予算を意識する

二次会会場

二次会のゲームでは、ビンゴやクイズなどがよく企画されます。
クイズの場合は新郎新婦のエピソードを盛り込む等、主役の新郎新婦にも参加してもらえば盛り上げりも期待できます。

更にゲームで豪華景品が当たるとなれば、とても喜ばれるでしょうが、二次会は会費制の場合が多く、予算内で納めなければいけません。景品の為に会費が高くなるという事は避けます。
景品は誰でももらって嬉しい物、男女問わず好まれる物を選ぶ、わざわざ自分では買わないけれど、貰ったら嬉しい物、健康グッズや便利グッズ、文房具等が人気です。

ゲームの企画

景品たくさん

親しい友人が結婚する際、披露宴でスピーチや出し物を頼まれる事や、二次会の受付や幹事を頼まれる事があります。
親しい友人のお祝い事のお役に立てるのであればと引き受け盛り上げたいところですが、どのような企画をしようか悩む事も多いです。

特に二次会の幹事の場合、会場となるお店の予約から予算、お料理内容検討、参加者の招待連絡、時間内の催しまで細々とした準備が沢山必要になります。
催しにゲームを企画する事が多いですが、ゲームをする際には全員参加型のゲームを選びます。
記念品は最後ですが、ここで景品が使われます。

テッパンアイテム

記念品

二次会での一番喜ばれる形は、記念品を安価で全員に配ることと、盛り上がりの景品は、引換券です。
宿泊券や入浴券などもなくはないのですが、個人差が出ることと、景品贈呈後の物々交換が発生しますので若干興ざめすることもあります。

そして、何より二次会の楽しみの一つである出会いの演出にもつながります。二次会で大荷物を抱えてしまうと次に行こうという気にもなれず、その場限りにもなります。
そこで、その日の次でもいいし、その場で意気投合して、一緒にタイアップ先に出かけるのも楽しみになるはずです。

人気の景品

ブルーのリボン

二次会には、景品や記念品がつきもので、ゲーム的な盛り上がりから手荷物を持って帰るというのが主流でありました。
が、今は記念品こそあれ、景品を豪華にというものでもなくなってきました。

これは、単純な理由で、一世代前では、豪華な電化製品や大人のおもちゃなどで盛り上がりを見せてきましたが、昨今は、二次会主催者の知恵か、時代か、小さなものというよりタイアップが増えてきています。
いわゆる一般の大型家電量販店やディスカウントショップとのタイアップにより商品は、二次会でではなく、最後までわからない引換券になっているというものです。
記念品として、おちゃらけで携帯ストラップや消しゴムなどに写真をつけたものなどは、安価でできるため参加者すべてに配るのですが、景品としてゲームのあたりには、タイアップが喜ばれています。

サイト内検索
注目の記事
  • 記念品テッパンアイテム : 二次会での一番喜ばれる形は、記念品を安価で全員に配...
  • 二次会会場予算を意識する : 二次会のゲームでは、ビンゴやクイズなどがよく企画さ...
  • ブルーのリボン人気の景品 : 二次会には、景品や記念品がつきもので、ゲーム的な盛...
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
August 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031